Month: 2月 2015

CentOS6用のcharybdis起動ファイルを作りました

2015年2月23日 IRC No comments , , ,

先日、CentOS7にインストールする方法を紹介したIRCデーモン”charybdis”ですが、今日はCentOS6にインストールしてみました。 CentOS7はsystemdですが、CentOS6はUpstartなので管理に使うファイルが違います。コンパイルなどの手順は同じですので、システム起動時に自動起動する設定と、 /etc/rc.d/init.d に設置するスクリプトだけ書きます。
(さらに…) «CentOS6用のcharybdis起動ファイルを作りました»” class=”more-link”>(さらに…) «CentOS6用のcharybdis起動ファイルを作りました»

IRCデーモン”charybdis”のインストール(CentOS7)

2015年2月16日 IRC No comments , , , ,

CentOS7に、現時点で最新版のcharybdis 3.4.2をインストールしてみました。
インストール先はデフォルトである、ユーザーのホームディレクトリです。

IRCって何という方はクリエイターズネットワーク公式サイトを、charybdisって何という方は先日の記事を参照してください。
簡単に言うと、チャットするための規格と、その規格に沿って開発されたデーモン(サーバープログラム)です。
(さらに…) «IRCデーモン”charybdis”のインストール(CentOS7)»” class=”more-link”>(さらに…) «IRCデーモン”charybdis”のインストール(CentOS7)»

charybdisの設定ファイルの一部を日本語化してみました

2015年2月16日 IRC No comments , , , , , , ,

IRCって何……

この記事では割愛します。クリエイターズネットワーク公式サイトのIRCとは?をご覧ください。

charybdisって何……

IRCデーモンの1つです。プログラムの名前です。ここでは、固有名詞です。

簡単に系譜を説明しておきますと、ircd-hybridというIRCデーモンをベースに開発された、ircd-ratboxというIRCデーモンがあり、これをベースにIRC3.1という規格に対応するための実験的な(と言っても十分安定した動作ができます)デーモンとして分裂したものが、このcharybdisというIRCデーモンです。
(さらに…) «charybdisの設定ファイルの一部を日本語化してみました»” class=”more-link”>(さらに…) «charybdisの設定ファイルの一部を日本語化してみました»

ダイスボットをオープンソース化しました!

2015年2月15日 IRCボット No comments ,

はじめまして。クリエイターズネットワークで主に wiki 関係の管理を行っている ocha です。最近は IRC ボットに手を入れることも多くなってきました。

さて、先日公式サイトで告知されましたとおり、irc.cre.jp 系で使われている IRC ボット「RGRB」がオープンソース化されました。あちらはちょっとお堅いお知らせでしたので、こちらのブログでは今後技術的な話をしていきたいと思います。

オープンソース化の経緯

これまで Role お嬢様として各種コマンドに対して応答していたプログラム(RoleBot)は、13 年前(2002 年)に初版が公開された Perl で書かれたものでした。継ぎ足し継ぎ足しで書かれていたためか、かなり複雑な構造となっていて、メンテナンスが困難な状態になっていました。また、文字コード変換処理に問題があり、ランダムジェネレータ等での文字化けが常態化していました。

これをなんとかしようと、IRC ネットワークの再構築に携わった鯉さんが 2014 年 6 月に RGRB を作り始めました。最初にダイスロールを作っている頃、普段 Ruby を使っていた私が「Ruby で作っているのかー」とフォークして共同作業を行い、少しずつ旧 RoleBot の機能を移植していくことができました。最近は Twitter @cre_ne_jp の引用や新しいランダムジェネレータの表など、新しい機能も追加されています。

現体制の 2 年目となった今年、利用者の皆さまのご意見・ご要望を積極的に取り入れてより使いやすいIRCボットの開発を行っていきたいと考え、RGRB をオープンソース化いたしました。クリエイターズネットワークでは、IRC を含むサービスについてのご意見を募集しています。また、開発に協力してくださる方を歓迎いたします。IRC チャンネル「#cre」またはメールでお気軽にお声をかけてください。