クリエイターズネットワーク公式IRCボットのプログラム「RGRBv0.10.0のリリースノートです。

でたとこサーガ(著:神谷涼/インコグ・ラボ、出版:新紀元社)のサプリメント『でたとこダークネス』で追加されたルールなどへの対応が行われたほか、新規プラグインの追加やライブラリの更新など、内部処理の改良が施されています。詳細は以下をご覧ください。

でたとこサーガ関係

サプリメント『でたとこダークネス』のデータを追加しました。

  • 「悪へのラスボス立場」コマンド
  • 「悪へのポジション」コマンド
  • 「クラス」のデータ

ユーザーインターフェース(操作や出力結果)の変更は以下の2点です。

  • v0.9.0 で変更された「ラスボス立場」表の古いコマンド .dlbp を廃止
  • 「ポジション」コマンドの出力から、ルールブック掲載ページ数を削除

出力元のデータ形式を変更しました。
特に大きな変更は、定数定義をIRCアダプターとジェネレータに分割し、ルールブックのデータを定数化です。

  • 定数の配列定義の書式を変更 ([] から %w() にした)
  • 定数定義をアダプター(constants.rb)専用に変更
  • 以下のデータをジェネレータから定数定義ファイル(gamedatas.rb)へ移動
    • 烙印
    • バッドエンド
    • ラスボス立場表
    • スタンス
    • クラス
    • ポジション

その他の内部構造の変更は以下の通りです。

  • アダプターの各メソッドに与える引数のコメントを増補
  • 「烙印」「バッドエンド」の種別をアダプターからジェネレータに伝えるときの引数の型を文字列型からシンボル型に変更
  • 「ラスボス立場表」のメソッド名を変更
  • 「ポジション」のメソッド名を統合・変更

Part プラグイン

設定ファイルの中で、特定のチャンネルでの Part プラグインを無効化出来るようになりました。

Keyword プラグイン

キーワードを引く発言の条件判断部を .k/.a コマンドで共通化しました。

DiceRoll プラグイン

IRCへの応答とログ(コンソール)出力が異なるないようであるバグを修正しました。

具体的には、IRCへの応答に合わせてログ出力を変更しました。

RandomGenerator プラグイン

ジェネレータ部で発見された綴りミスによるバグを修正しました。

データファイル Verb の選択肢に、出力内容ではないメモ書きが含まれていたためコメントアウトしました。
これにより、間違ってメモ書きが出力結果に含まれてしまうバグを修正しました。

決定表一覧コマンドを実装しました。

Jihou プラグイン

タイマーの起動処理を修正しました。

ログが正常に出力されないバグを修正しました。

今まではサーバから切断された際の再接続時に、Timer 再開処理が行なわれませんでした。
今回のバージョンアップにより、再接続時にも Timer の再会処理が行なわれるようになります。

cre_bot_help プラグイン

.help コマンドによるヘルプメッセージを、(irc.cre.jp系IRCサーバ群の)現状に即したものに変更しました。

複数のプラグインで共通の機能を抜き出す

リファクタリングにより、複数のプラグインで使われる以下の2つの機能を共通化しました。

  • IRC へ複数行の結果を返すメソッド
  • 標準出力へのログ出力の書式を統一するためのメソッド (JOIN/PART/NOTICEコマンド)

その他

  • ジェネレータのロガーをボットのものに変更できるようにしました。
  • README.md に、gem のインストールに必要な(システム)パッケージを追記しました。
  • ドキュメント・ソースコード内の、不要な空白文字を削除しました。
  • Travis-CI でチェックする Ruby 実行環境のバージョンを更新しました。
  • gem を2017年02月12日時点の最新版に更新しました。