俺に明日は来ない Type1 第7章

 ケータイに仕込んだ目覚ましのアラームが鳴った。  手を伸ばして止めようと思ったのだが、なんとなく全身がだるい [...]